Wednesday, July 05, 2006



競馬ブームが到来した1991年、家庭用ゲーム機のFC用ソフトとしてアスキーから競走馬育成シミュレーションゲーム『ダービースタリオン』が発売される。これが人気を博し、以降『ウイニングポスト』(コーエー)など競走馬を育成するシミュレーションゲームが様々なメーカーからも発売された。また『ファミリージョッキー』(ナムコ)にはじまり、『ギャロップレーサー』(テクモ)や『ジーワンジョッキー』(コーエー)など、競馬のレースゲームも数多く発売されている。

一方ゲームセンターにおいては、昔から競馬のゲームを作っていたメダルゲーム界で1999年、コナミから『GI LEADING SIRE』が、2000年にセガから『STARHORSE』が発売され、どちらも競走馬を育成する、という要素が初めて付け加えられ、ヒット作品となり現在でも絶大な人気を誇っている。

さらにメダルだけにとどまらずカード方式を用いた『ダービーオーナーズクラブ』(セガ)も1999年から稼動した。
自分専用の馬をデータカード化できてゲームセンターを梯子できることや、賞金ランキング表示システムや実況のテンポの良さは大受けし、その改良版『ダービーオーナーズクラブ2000』は「ファミ通」のアーケード用のランキングでは1年半以上にわたり圧倒的な差でトップをキープし続けるほどの大人気となった。

ネットオークションや専用のサイトなどでは強力な種馬、牝馬、子馬、賞金額の膨大な現役馬などの入ったカードや、カードコピーといった裏技情報が多数高価で取引されたり、セガ系列のゲームセンターでは地区レベルで各地で大会も開催されたことがある。人気が下り坂になりはじめると、新たに調教やステータスのシステムを一新し、プレイ料金も引き下げ、実況で馬名を発音させることができ、カードもコレクション性のあるものにした『ダービーオーナーズクラブ2』が2001年末稼動したが従来の人気は取り戻せなかった。

2006年現在、PC向けオンラインゲームとして『ダービーオーナーズクラブオンライン』が存在しているが、話題性の割に人気は下火のままである。その影響からか、2006年9月30日をもって、このゲームのサービスが終了することとなった。